INDEX入会案内臨床・検証その他資料EnglishLINK
戻る


水素が生体に与える影響
《目的》
水素水を飲用することにより、生体に与える影響について検証する。ミネラルウォーターを飲用した場合をコントロール値とし、H4O飲用前後の血液検査を行い検証することとする。糖尿病の指標であるHb-A1Cや肝機能の指標であるγ-GPTなど、時間の経緯とともに どのような変化をもたらすか血液検査での検証を行い、水素の及ぼす影響を検証することとする。
《内容》
1)ミネラルウォーター飲用前後の血液検査
ミネラルウォーターを飲用した場合、時間を追って血液検査を行うこととする。

血液検査項目
検体数: 5検体 (総数35)
測定1: Before
測定2:  0min
測定3: 30min
測定4: 60min
測定5: 90min
測定6:120min
測定7:180min

2) H4O飲用前後の血液検査
H4Oを飲用した場合の血液検査を行うこととする。

血液検査項目
検体数: 5検体 (総数35)
測定1: Before
測定2:  0min
測定3: 30min
測定4: 60min
測定5: 90min
測定6:120min
測定7:180min


《まとめ》
ミネラルウォーターを飲用した場合と、H4O飲用前後の血液の動態を比較することとする。
また、これらの実験をまとめ報告書を提出することとする。 


戻る
Copyright(c) 2007 水素を科学する会